結婚4ヶ月前から始める妊活の食事とファスティング

にいののぞみブログ

妊活ファスティング

プロフィール

更新日:

【妊活は食べ物がすべてです!】
なぜなら、食べたものから栄養を吸収し、それが血液となり、いろんな臓器、細胞に回るのです。

体に悪いものを食べれば、有害物質は脂肪にたまり体の細胞は劣化します。
良いものを食べれば、脂肪も減っていくし、細胞を若返らせることもできます。

食事の量ではなく、質です。

体に良いと思い込んで食べてるものが、実は悪影響を及ぼすものだったりします。

妊活中に食べたもので赤ちゃんの体はできます。

誰もが生まれてくる子供に「健康であってほしい」と願うはずです。
その鍵を握っているのは、妊活中の私たちなのです。

まさか20年前までは妊活マイスターになることなんて考えていませんでした。

結婚し、子どもを授かって、 ごく普通の、ごくごく当たり前の毎日を過ごすのが、当たり前にできると思っていましたし。。。

今思えば、その原因はすべて不妊になりやすい生活をしてたことでした。

途中、猫カフェやネイリストをやったりし、最終的に「酵素ファスティング」と「妊活マイスター」として今に至ります。

そんな私のプロフィールと、実際に子どもを授かり、幸せになった方のお話をご紹介します。

そもそもなぜ妊活マイスターになったの?

去年取り組んだ酵素ダイエットで半年で12Kg減ってしまい、「カラダの中で何が起こって、こんなに簡単に痩せたのか?」を知りたくて酵素栄養学を学びました。

酵素の力はすごい!と感動し、酵素ファスティングのカウンセラーの資格を取り、今ではお客さまに『妊活のためのファスティング』『ダイエットのためのファスティング』指導と、妊活マイスターとして、妊娠への食事指導をしています。

 

食事から酵素を摂り、自分にある体内酵素の無駄遣いをしない生活を心がけただけで、たったの半年でこんなに痩せたんです。
ただ単に、酵素が足りてなかっただけなのです。
酵素の力を体感し、酵素栄養学に興味を持ちました。

酵素栄養学で、一番興味深かったのが、
1日で生産できる酵素量は個人差があり、それは胎児の時に決まる。つまり妊娠中のお母さんが何を食べていたかで決まる。」ということでした。

何もしなくても痩せたり、健康だったりと個人差があるのは、ここで決まるの?
だったら、妊婦さんがみんないい食事をしていたら、酵素をたくさん持った元気な子供しか生まれてこないんだ。。。

元気ということは、精神的にも安定してるので、最近の「すぐキレる子」というのも、実はその子が悪いわけではなく、お母さんの食事があまり良くなかったのでは?と「妊娠時の食事」について興味が出てきたのです。

また、酵素をたくさん持って生まれた子は、免疫力も高いですから、妊娠力も高いと言えるのです。

私は、結婚して直に、妊娠しましたが子宮外妊娠だった為、出血で気を失い緊急手術でした。

その後に、不妊治療で体外受精も試みましたが、受精できる卵子が取れず

病院ではこれ以上できることはないので、しばらく体質改善をして何年後かに採卵してみるか、子供がいないという生活を考えてみてはいかがでしょうか?」

というところに至りました。

夫婦で考えた結果、『しばらく子供のことは考えない』という選択をしました。

それから何かに没頭するかのように、『とりあえずネイルを頑張ってお店を出す』という意気込みで、子供のことを考えなくてもいい自分へ駆り立てたようです。

その後、やはり子供ができなかったので、一人で生きていこうと10年の結婚生活にピリオドを打ちました。

病院では、具体的な体質改善方法を教えてくれるわけではありませんので、何をしたらいいのか全く分かりませんでした。

なので子供のいる人生を諦めてしまいました。

この時に酵素ファスティング食事での改善方法を知っていれば、また違った人生だったかもしれませんね。

実は妊活について勉強している時に、妊娠に対する刺激を受けすぎて、想像妊娠みたいな症状が出ました。笑

今まで体験したことない胸の張りで、

「どうしちゃったんだろう…私。」

というくらい体に変化が起こり、意識だけで女の人のカラダはこんなにも変わってしまうのか?と神秘性を感じ、

いつかは自分の子供を持ちたい

と思うようになっていました。

もうとっくに、「子供のいる人生は、私にはない」と思い込んでいたけれど…

そうじゃないかもしれない…まだ可能性があるのかもしれない…

そういう思いがこの妊活マイスターの資格を取るきっかけになりました。

妊活での体質改善には酵素ファスティングが有効的だということも分かり、ファスティング・カウンセラーの資格も同時に取得しました。

今だからこそ、自分の子供にしてあげたいことや、伝えたいことがたくさんあって、いつか出会える子供のために、今の自分がしてあげれること、

それが体質改善だと。

そう感じました。

『妊活』は決して苦しいものではなく、楽しく、幸せな時間であり、妊娠することがゴールではなくて、生まれてくる子供に対してしてあげれる、母親としての最高のプレゼントだと思います。

妊活を今現在、苦痛に感じてる人、これから結婚を考えてる人、人様々だと思いますが、体質改善をしてマイナスになることはないので、楽しみながら妊活を送れるような記事を、このブログで提供できたらと思っています。

妊活・酵素ファスティングのお客様のご紹介

喜びのメッセージをいただきました。

このお客様は、最初はちょっと痩せたいのが目標でした。

まずは一番簡単な、朝だけのファスティングから初めてみることに。
すぐに効果がでて約2週間2Kgほど体重が落ち、しかも肌も綺麗になりました。

1ヶ月続けてみたら、生理も軽くなって一石二鳥どころか3鳥です。笑

39歳で、先月無事に出産されました。

上のお嬢ちゃんは、1歳。この時期にできることと、先月出産された下のお嬢ちゃんの妊娠中と出産後の食事や子供とのコミュニケーションについて指導しました。

鎌倉にいらっしゃる『妊活ヒーリング』をしてくださる小宮先生。

妊活中の食事に良い、玄米食が美味しいお店でミーティング。
「妊活中の心のケア」についてお話しました。

潜在的に、妊娠に対するトラウマがある場合もあるそうです。

由比ヶ浜でアーシングしながら、たくさんおしゃべりしてストレス発散します。
夏には妊活中のお客様と一緒に行ってきました。

※アーシングとは砂浜を裸足で歩くことで、体の中に溜まった電磁波を抜くことができます。また、良い「気」を体に入れることもできるんだそうです。

妊娠前と妊娠中の食事の違いについてお話しました。

あと食事改善よりも大事な副腎疲労について。
副腎疲労を侮ってはいけません。意識を変えるだけでもストレスの暖和になることがたくさんあります。

とくに、頑張り屋さんに多いので、妊活を楽しむ余裕を持ちましょう。

妊活の為の体質改善ファスティングは、3日間のファスティングを月に1回、最低4ヶ月します。
みなさん、3日間も『食べない』のを我慢できるか?心配されますが、酵素ドリンクで栄養はとってるので点滴を飲んでる感じです。

意外にもお腹空かないんですよ。

 

『受験生のお母さんが気をつける食事方法』、『小学生で問題になっている食事の話』をし、そのあと今後の進路説明をしながらのお食事会。

栄養と妊活の簡単なレクチャー話

なかなか妊娠できない体質の方は、まずはデトックスです。
いいお水を飲みましょう。

体の中からのストレスをとってあげましょう。

ストレスが結果的に女性ホルモンのバランスを崩す原因になるので、体の中からのストレス、外からのストレスを意識してみましょう。

できるところからストレスを排除して、良く寝る習慣を。

発酵食品をできるだけ毎日摂り、腸内環境を整え、
小麦粉(グルテン)、乳製品(カゼイン)、食品添加物は取らないように気をつけましょう。

たんぱく質、ビタミンE、鉄を意識的に取るように心がけましょう。

豆乳にきな粉、黒ごま、甘酒を入れたものは、美味しいのでオススメですよ。

おやつにはアーモンド、ドライフルーツなどにし、できるだけ小麦粉製品を食べないことです。

 

妊活の食事については、Instagramにて配信中。(ninkatsu.niinonozomi)

ネイリストのこと

普段は、ネイルサロンPrimRose(ぷりむろーず)のオーナーネイリストとして、ネイルの施術を主にやっております。

華美なネイルではなく、ネイルケアを重視した、手が綺麗に見えるネイルをコンセプトに、自宅サロンから始まり、店舗展開していきました。

23歳の時に結婚して、ネイルの勉強を始めたのは26歳。
まず趣味が欲しくて通信教育から始めたのですが、のめり込んでいるうちに、美容室でのネイルを担当することになり、それから自宅サロンへ展開し、手狭になったので店舗を持ってネイルサロンの営業をすることになりました。

猫カフェのこと


上越市で猫の50匹多頭飼育崩壊という事件が起こりました。

多頭飼育崩壊とは、一軒のお家で猫が50匹にまで増えてしまい、悲惨な状態で手に負えず、行政やボランティアがレスキューに入ることです。

知り合いがそのボランティアに入っていたこともあり、市の保護センターで保護された子で、なかなか里親が決まらず、間も無く処分される猫がいるということで、その子を引き取ることにしました。

片目が見えない為、病気だと思われたのか、なかなか引き取ってもらえず、とうとう最後の1匹となり何ヶ月かたってしまい止む無く処分が決まっていたのです。

その子が写真の「ハル」です。愛嬌があってネイルのお客さんにも温かく見守られ元気に育ちました。

殺処分は都会での話だと思っていたのですが、私が住んでる場所でもあるんだ、ということを知り、衝撃を受けました。

それから、保護される猫は絶えることなく、私のところへも保護依頼がきて、最終的には11匹の猫を引き取りました。

殺処分の現状を広める為、猫カフェを始め、広報活動をしました。

テレビ、雑誌、新聞の記事にもなりました。

初めてで緊張したけど、楽しかったラジオ出演も。

人間不信になった猫達を、人に懐くまで育てるのは、凄く大変でした。

毎日毎日、繰り返し言葉をかけてあげることしかできませんでしたが、
…でも良い環境と愛情持って育てれば、閉ざされた心も、いつかはちゃんと向き合ってくれるようになると、この子達が教えてくれました。

今では全員の猫達が猫カフェを卒業し、新しい里親さんの元で幸せに隠居生活を送っています。

 

-妊活ファスティング

Copyright© にいののぞみブログ , 2018 All Rights Reserved.