初心者からのセルフジェルネイルのやり方基本

ジェルネイルでコスモスネイルのやり方|奥行きや立体感を出すテクニックをネイリストが披露

秋の花と言えば、コスモス。

コスモスをジェルで可愛くリアルに書くコツを、ネイル歴13年のネイル講師が教えます!

スポンサーリンク

コスモスネイルのやり方|ジェルネイルの秋のペイントアート

コスモスネイルのやり方|ジェルネイルの秋のペイントアート

では早速、ジェルネイルでコスモスを手書きするやり方の手順を解説します。

コスモスネイルのやり方|ジェルネイルの秋のペイントアート

今回は、TRINAの筆を使いました。

コスモスネイルのやり方|ジェルネイルの秋のペイントアート

先が尖っていて、ある程度ボリュームのある筆は花びらを書くのに適しています。

コスモスネイルのやり方|ジェルネイルの秋のペイントアート

白のカラージェルを全体に塗って背景にします。

コスモスネイルのやり方|ジェルネイルの秋のペイントアート

紫のカラージェルを筆に取り、筆を爪に置いたら、手前に引きながらスッと持ち上げます。

これで筋の入った花びらを書くことができます。

ポイントは、一筆で花びらを書くことです。

コスモスネイルのやり方|ジェルネイルの秋のペイントアート

上半分に五枚の花びらを描きます。

コスモスネイルのやり方|ジェルネイルの秋のペイントアート

下半分には、短めの花びらを三枚書きます。

同じ長さで花びらを書かないことで、コスモスの花に動きがでます。

コスモスネイルのやり方|ジェルネイルの秋のペイントアート

もう一つ花びらを描きます。

上半分だけに花びらを書くと、まだ蕾のように見えますね。

コスモスネイルのやり方|ジェルネイルの秋のペイントアート

細い筆に持ち変えて、白のカラージェルで花の中心から筋を描きます。

コスモスネイルのやり方|ジェルネイルの秋のペイントアート

今度はピンクのカラージェルで花の外側から囲って筋を書き足します。

コスモスネイルのやり方|ジェルネイルの秋のペイントアート

花の真ん中に花粉を黄色で丸く書きます。

コスモスネイルのやり方|ジェルネイルの秋のペイントアート

茶色のカラージェルで、黄色の丸の下側にラインを入れて少しぼかします。

花粉が立体的に見えますね。

コスモスネイルのやり方|ジェルネイルの秋のペイントアート

グリーンのカラージェルで茎を書いていきます。

コスモスネイルのやり方|ジェルネイルの秋のペイントアート

コスモスの葉っぱは、水草のような細いものなので、線を書き足していきます。

コスモスネイルのやり方|ジェルネイルの秋のペイントアート

アクセントで、ホログラムを葉っぱの上にかぶるようにクリアジェルで付けます。

コスモスネイルのやり方|ジェルネイルの秋のペイントアート

金のラメも少し散らすと可愛いです。

このコスモスの後ろにも、たくさんのコスモスが咲いているかのような雰囲気がでます。

コスモスネイルのやり方|ジェルネイルの秋のペイントアート

しっかりとトップジェルでホログラムを埋め込みます。

コスモスネイルのやり方|ジェルネイルの秋のペイントアート

硬化した後にウッドスティックなどで触ってみて、もしホログラムが少し引っかかる感じがしたなら、もう一度トップジェルで埋め込んで仕上げます。

少しでもホログラムが浮いていると、そこからジェルが剥げやすくなるので注意しましょう。

ジェルネイルでコスモスの書き方のまとめ

ジェルネイルでコスモスの書き方のまとめ

コスモスを書く時は、花の筋が出るように、一筆で花びらを書くことがポイントです。

花粉の部分には、茶色で影を書いてあげることで立体的なリアルなコスモスを書くことができます。

また、ホログラムやラメで風景の奥行きを演出できるので、上手に使いましょう。

Youtubeチャンネルはこちら

-初心者からのセルフジェルネイルのやり方基本

© 2020 にいののぞみブログ