妊活ファスティングとセルフジェルネイル

にいののぞみブログ

ジェルネイル

ネイルのドットの書き方|つまようじで綺麗にバランス良く書く方法

投稿日:2019年5月12日 更新日:

https://pin.it/w4q63dn4o4kpjw

ポップにも、フォーマルにも対応できるドットアート

ただドットのバランスが悪いと、なんかしっくりこない…という悲しいアートになってしまいます。

今回は、ドットの描き方をマスターして、バランスの良いドットアートができるように解説します。

使う道具は、どこの家庭でもある『つまようじ』です。

身近なもので簡単にドットアートは出来ますので、参考になさって下さい。

私はネイルサロンを12年やっててネイリストを育成するスクールもやってます。

今までのサロンワークやスタッフ育成で培ったノウハウを生かして、これからセルフで「ジェルネイル」を楽しみたい方の為に、分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

道具

ドットアートをする時は、ネイリストは基本的にこの『ドット棒』を使います。

先が丸くなっているアートツールで、点の大きさも調節しやすいです。

でもドット棒がなくても、代用できるものは色々あります。

例えば、ジェルを混ぜる時に使う、「ミキシング棒」

インクを使い切って出なくなった、「ボールペン」

そして、「つまようじ」です。

断面が綺麗な丸なら、なんでも代用できます。

ちなみに、丸い点を描くのは難しいです。

いびつな形の点になってしまうので、硬いもので点を描く方が綺麗な点になるのです。

今まで筆でドットを描いていた方は一度試してみて下さい。全然違いますから!

今回は、どこの家庭にもある「つまようじ」を使ってドットを作っていきます。

スポンサーリンク

ドットネイルの手順

まずは、爪中央にまっすぐ点を配置します。

つまようじの先に、カラージェルをつけて、スタンプを押すように爪に押し付けます。

つまようじに、多めにジェルを付けると大きいドットが出来ます。

逆に少ないと、小さい点が出来ます。

先ほど描いた点と点の中間から左に伸ばしたところに、点を足します。

ちょうど、正三角形になるように点を置きましょう。

反対側にも、同じように置きます。

ちょうど、まっすぐ横に伸ばしたところの位置です。

とりあえず、位置だけを決めて点を置きます。

その後に、ドットの大きさのバランスを整えます

もしドットが小さかったら、つまようじにカラージェルを取り、同じところに置きます。

全体的に大きさが揃うように、バランスを見ながらやりましょう。

今度は、斜めのラインを見て、その延長線上に点を持っていきましょう。

反対側も、斜めのライン上で重なるところに配置します。

これでバランスのとれた『ドット』が出来ます。

縦のライン、横のライン、斜めのラインが綺麗に揃っていると、美しいドットが出来ます。

ドットアートをする時は、このラインを意識して点を配置しましょう

ドットアート例

スタッズやホログラムで、同じように配置するとバランス良くまとまります。

ジェルネイルでは、専用ライトの光に当てて硬化するまで自由にパーツを動かせるので、納得がいくまでできて便利です。

ラインストーンを使ってドットにしても可愛いですね。

10本全部をドットにしないで、何本かはワンカラーだけなど、抜け感があった方がオシャレですよ!

まとめ

https://pin.it/wxyetxac3blqmd

綺麗目なアートにも、ポップなアートにも使えるドット

ドットは、ランダムに置いてもそれはそれでアートになります。

でも絶妙なバランスが必要なので、最初は「規則的に点を配置するやり」のほうが失敗しません。

点の間隔や、ドットの丸の大きさでイメージを変えれるので、基本的なドットの描き方に慣れてきたら、いろんなパターンにもチャレンジしてみましょう。

このブログで解説している動画

 

今回は、ドットアートのやり方をお伝えしましたが、これに似た「水玉模様」のやり方は、また別の動画で解説してます。

水玉模様の『丸をきれいに描く方法』はこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-ジェルネイル

Copyright© にいののぞみブログ , 2019 All Rights Reserved.