初心者からのセルフジェルネイルのやり方基本

ジェルネイルの硬化後の修正方法|はみ出しやボコボコネイルの直し方

ジェルネイル失敗した…硬化後やり直せるの?

「もうジェルが固まってるけど、ベースジェルが皮膚にハミ出しちゃった。。。

トップで失敗!表面がボコボコになっちゃった」

そんなジェルネイルを硬化した後失敗したジェルネイルの修正『やり直しの仕方』をネイリスト歴12年のネイル講師が解説していきます。

セルフネイル初心者でも100均アイテムでジェルネイルを簡単キレイに楽しめる裏技
セルフネイル初心者でも100均アイテムでジェルネイルを簡単キレイに楽しめる裏技

セルフネイル初心者でも、100均アイテムでジェルネイルを劇的に簡単キレイに楽しめる、ネイリストおすすめのグッズを使った裏技を教えます。

続きを見る

スポンサーリンク

ベースジェルが皮膚にハミ出したまま硬化しちゃったら…

こんな風に、ベースジェルを塗る時点で、皮膚にジェルが流れたまま、ジェル専用ライトに当てると、そのまま固まってしまい、この後に塗るカラージェルも、トップジェルも、このハミ出したジェルを伝って皮膚に流れていってしまいます。

そもそもその原因は、ただ単にハミ出したのではなく、甘皮処理が綺麗にされてない場合が多いです。

甘皮を伝ってジェルがハミ出しやすくなるのです。

皮膚から剥がす

こんな風にジェルがハミ出したまま硬化してしまった場合は、まず皮膚に付いたジェルを剥がします

指で皮膚を押さえてみましょう

少し浮き上がってきたら、ウッドスティックを間に差し込んで、綺麗に皮膚に付いているジェルを剥がします。

カットする

剥がした部分を、ニッパーでカットします。

これでOKです。

カラージェルを塗る

ハミ出した部分をニッパーでカットしたらカラージェルを塗ります。

トップジェルで仕上げる

トップジェルまで仕上げます。

硬化後、未硬化ジェルを拭き取ります。

削って整える

そしたら、エメリーボード(自爪を削る爪ヤスリ)で整えます。

こんな風に、はみ出た部分がなく綺麗に仕上がりました。

ジェルの仕上がりがボコボコになってしまったら…

表面が、ガッタガタですねw

横から見ても、ひどいですw

綺麗に仕上がったジェルは、ツヤの光の筋がまっすぐ入りますが、失敗してボコボコに仕上がった表面は、光があちこち散乱してて、遠くから見た感じでも綺麗じゃないのが分かりますね。

おそらく、筆使いが間違っていると思います。

ジェルネイルを綺麗に塗るコツは、爪に圧をかけないように、そーっと爪と平行になるように筆を動かすことです。

表面を削ってなだらかにする

こうなったら、未硬化ジェルを拭き取り、表面のぬめりを取ります。

そして、※180グリッドくらいのファイル(爪ヤスリ)で削ります。

※グリッドとは、爪ヤスリの目の粗さを言います。

全体的に削ります。

こんな風に、削れていないところはジェルのツヤが残ります。

つまり、そのツヤのある部分は、ジェルが薄かった部分です。

逆に削れいる部分は、ジェルが厚かった部分です。

横から見ると分かりやすいですね。

くぼんでいた部分は、爪ヤスリが当たらないので、削れていないのです。

このツヤのある部分がなくなるまで削ります。

透明な部分と赤い部分が見えてますね。

つまり、透明なところはベースジェルの時点で「分厚かった」ということです。

ベースジェルからボコボコしていたということです。

こんな風に、全ての面にファイル(爪ヤスリ)が当たって、表面がなだらかになりました。

横から見ても、ながらかになっています。

爪を消毒する

表面のガタつきが綺麗になったら、爪全体をネイルクレンザーで消毒します。

ベースジェルを塗る

ネイルクレンザーが乾いたら、ベースジェルを薄く塗ります。

薄く塗った後、表面がツヤんとなるのを待ってから専用ライトに入れます。

カラージェルを塗る

カラージェルをを塗ります。

ベージュなどの、半透明のカラーは荒が目立ちますが、赤や黒、パステルカラーなどの不透明なカラーなら上から重ねても影響ないので大丈夫です。

もし、半透明なカラーだったら、カラージェルの部分を全部を削りましょう。

硬化したら、もう一度カラージェルを塗ります。

トップジェルで仕上げる

硬化後、トップジェルで仕上げます。

爪の側面は、塗り残しやすいので丁寧にジェルを誘導することで、トップジェルが綺麗に仕上がります。

表面は、爪に対して平行になるように筆を動かすことで綺麗に仕上がります。

こんな風に、綺麗にツヤのラインができたらOKです。

トップジェルを塗るコツはこちらをご覧ください。

硬化したら、未硬化ジェルを拭き取ります。

この時に、ネイルクレンザーを多めにコットンに取り、優しく拭き取るのがコツです。

表面がなだらかで、ツヤが綺麗なジェルネイルになりました。

まとめ

皮膚にジェルネイルがハミ出す失敗

1、甘皮処理をきちんとすること

2、硬化する前に、ハミ出しをチェックすること

3、もしハミ出したまま硬化してしまったら、皮膚から剥がす

4、ニッパーで綺麗にカットする

5、トップジェルまで仕上げたらファイル(爪ヤスリ)削って整える

硬化後、表面がボコボコになっていたら…

1、未硬化ジェルを拭き取る

1、表面を粗めのファイル(爪ヤスリ)で削ってなだらかにする

2、ベースジェルを薄く塗る

3、カラージェルを塗る(下の色が見えないようなカラー)

4、トップジェルで仕上げる

いかがでしたか?

ジェルの仕上がりが上手くいかなくても、このように対処すれば綺麗に直せます。

是非やってみてください。

このブログで解説している動画

オープンチャットのご案内

オープンチャットで質問を受付けています。

やり方や道具について、素朴な疑問など匿名で質問することができます!

Youtubeチャンネル

にいののぞみYoutubeチャンネル「ネイルのつぼ」はこちら

オンラインレッスンのご案内

にいののぞみプロフィール

 

-初心者からのセルフジェルネイルのやり方基本

© 2021 にいののぞみブログ