初心者からのセルフジェルネイルのやり方基本

【ネイルアート】大きめのドット(水玉)を綺麗に描くためにネイリストが使う裏技とコツ3つ

https://pin.it/sozu5igq22mx3g

水玉模様(大きめドット)って可愛いけど、意外に難しいんですよね。

爪って丸みがあるので、平たい紙の上で描くのとちょっと違う。。。

今回は、ジェルネイルで水玉模様を上手に描くコツ3つのポイントにまとめました。

ポイント

はドット棒(ドットペン)を使う

半円はオーバル筆を使う

はライナー(長めの細い筆)を使う

私はネイルサロンを12年経営していて、ネイリストを育成するスクールの運営・指導もやってます。

今までのサロンワークやスタッフ育成で培ったノウハウを生かして、これからセルフで「ジェルネイル」を楽しみたい方の為に、分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ネイルアートの丸(大きめドット)は筆で描くと失敗しやすい

ネイルアートの丸(大きめドット)は筆で描くと失敗しやすい

筆で丸を描こうとすると、筆先がピョンと出てしまって、はみ出したりします。

 

ネイルアートの丸(大きめドット)は筆で描くと失敗しやすい

筆のしなりを考えて動かさないと、綺麗な丸が出来ません。

ネイルでは、平たい紙の上と違って、爪の丸みを考慮して、筆を動かします。

ネイルアートの丸(大きめドット)は筆で描くと失敗しやすい

でもそれはちょっと難しいので、今回は「丸・半円・円」それぞれ失敗しにくい道具を紹介しつつ、水玉模様のやり方を解説していきます。

丸(大きめのドット)の描き方手順

使う道具

丸(大きめのドット)の描き方手順

ドット棒(ドットペン)を使います。

筆よりもブレがないので、丸を描く時は凄くやりやすいです。

このドット棒を使うのが裏技です

本当に綺麗に書けますよ!

丸の描き方

丸(大きめのドット)の描き方手順

だいたいの大きさの丸を描きます。

その後に、周りのアウトライン(外側のライン)を整えます

丸(大きめのドット)の描き方手順

ドット棒で、徐々に丸が綺麗になるようになぞっていきます。

丸(大きめのドット)の描き方手順

こんな風に、綺麗な曲線を描くことが出来ました。

もう一つ描きます。

今度は少し小さめの丸を描きますね。

丸(大きめのドット)の描き方手順

ドット棒に、多めにジェルを取ったら、爪に載せます。

 

丸(大きめのドット)の描き方手順

そのままくるくると円を描くようにするだけです。

簡単ですね。

このくらいの大きさを筆でやろうとすると、結構失敗するのですが、ドット棒を使うと簡単です

半円を描く

使う道具

筆先が丸くなっているオーバル型の筆を使います。

半円の描き方

筆が丸くなっているので、そのまま置くだけです。

一度目塗りで一旦硬化します。

二度塗り目でアウトラインを整えます。

ジェルを筆で押し出すようなイメージで、ジェルの厚みを保ったまま横のラインに繋げると、くっきりと綺麗な曲線が出来ます

ラメで円を描く

使う道具

細い筆(ライナー)を使います。

ちなみに、ラメではなく、カラージェルで円を描く場合は、長めのライナーを使った方が細いラインがかけます。

筆を動かすポイント

進行方向に筆を倒しながら動かすことで、安定したブラシワークが出来ます。

同じ方向じゃなくても、倒しやすい方向に変えて動かしても良いです。

ラメで円を描くやり方

まず、だいたいの円を描きます。

ウッドスティック(なければ爪楊枝でも良いです)でラインを修正します。

ラメラインをする時は、ラメとクリアジェルを混ぜて使います。

クリアジェルにも色々と種類がありますが、この時にクリアジェルが多かったり、種類を間違えるぼやっとした太いラインになってしまいます。

繊細な細めのラインを描きたい時は、ラメの量を多めにして、クリアジェルの割合を少なく混ぜて固めに作りましょう。

また、クリアジェルでもベースジェルと混ぜてしまうと、ラインがぼやけてしまうので、トップジェルと混ぜた方がラインがはっきりします。

一度硬化したら、上からもう一度なぞります。

上からなぞることで、一度目のラインのラメの隙間があるところに、ラメが入ってくれるので、くっきりとしたラメラインが出来ます。

一度目のラインの上を軽くなぞります

ウッドスティックでラインを修正したら硬化して完成です。

丸を使ったアート例

https://pin.it/loawlhsjnl3eol

同じ大きさの丸を描くのは少し難易度が高いですが、これもドット棒を使って描きます。

https://pin.it/ly36xbqi6nk6ca

ランダムに大きさもバラバラな丸を描いた水玉フレンチです。

意外に簡単で、ごまかしが効くのでキッチリ丸を描かなくても大丈夫なのです。

https://pin.it/bddku6ka4aigpr

半円を使ったアートですね。

これも意外と簡単♪丸よりも半円の方がバランスを取りやすいです。

https://pin.it/2ogu3d2jfpu5jl

この水玉フレンチも、半円なので簡単ですよ。

今回紹介し3つのパターン全てが入ってますね。

丸の大きさに合わせて使うアイテムを変えれば、簡単に水玉アートが出来ます。

【水玉模様と似てる『ドットアートのやり方』はこちら↓】

まとめ

https://pin.it/sf3jve6u3bmncc

今回は、ジェルネイルで水玉模様を上手に描くコツを3つのポイントでまとめました。

ポイント

・丸はドット棒(ドットペン)を使う

・半円はオーバル筆を使う

・円はライナー(長めの細い筆)を使う

道具選びでアートのクオリティーがかなり上がります。

用途に合わせて、道具を使い分けましょう。

今回は、ジェルネイルのアートだけに絞って描きましたので、ジェルネイルの基本的な塗り方はこちらをご覧ください。

ジェルネイルの基本

このブログで解説している動画

オープンチャットのご案内

オープンチャットで質問を受付けています。

やり方や道具について、素朴な疑問など匿名で質問することができます!

Youtubeチャンネル

にいののぞみYoutubeチャンネル「ネイルのつぼ」はこちら

オンラインレッスンのご案内

にいののぞみプロフィール

 

-初心者からのセルフジェルネイルのやり方基本

© 2021 にいののぞみブログ