妊活ファスティングとセルフジェルネイル

にいののぞみブログ

口紅リップ

口紅の持ちが良くなる|基本の塗り方と印象を変える4つのテクニック

投稿日:2019年5月3日 更新日:

『口紅の塗り方』をマスターして、理想の唇になりましょう!

『口紅がすぐに落ちちゃう。。。』

とお悩みの方も必見!

口紅が落ちない塗り方や、老けて見えないリップの塗り方をまとめました。

スポンサーリンク

理想的なフォルムに近づける黄金バランス

美しい唇のポイントは、「上唇と」「下唇とのバランス」です。

カンタンに言うと、下唇が上唇よりも2割厚く見えるように塗るといいです。

スポンサーリンク

基本の塗り方

リップブラシを使って、順番通りに塗ります。

基本の塗り方は、下図のようにします。

リップラインの描き方

・上唇のを描く

・下唇のを描く

・上唇のサイドを描く

・下唇のサイドを描く

これで、基本のリップラインの描き方はバッチリです!

この後、リップラインの中を、お気に入りの口紅で塗りつぶしましょう。

オススメの塗り方

同じリップでも、塗り方で仕上がりが全然違います。

「リップの塗り方」4つご紹介します。

1、ぽんぽん指で塗る方法

自然な感じラフに塗ることができます。

色が濃い目の口紅は、この方法だとかるい感じに仕上がるのでお勧めです。

2、中心だけ塗って仕上げる『グラデーションリップ法』

同じリップで印象を変えるなら、「グラデーションリップ」がおススメです。

左側のように、真ん中にポンポンと乗せるように塗るんですね。

色が派手めな口紅でも、こんな風に塗ると似合いますよ。

こちらも、ラフな仕上がりです。

3、直接、口紅で塗る方法

こちらは、口紅のエッジをそのまま利用して、くちびるの輪郭あわせて塗る方法です。

4、唇のりんかくより1mmはみ出して塗る『オーバーリップ法』

あなたの元々の輪郭より1mmぐらいはみ出して塗る方法です。

思っているより、オーバーめに塗ると大人っぽい女性に仕上がりますよ。

使うものによっても変わります。色々試してみましょう。

40代におススメ!口紅の塗り方

40歳以降の唇は、輪かくがぼんやりにじみやすくなります。

そのため、リップペンシルを使い、くちびるの縁取りをしましょう。

下の図の順番通りに、ペンシルで輪郭を取りましょう

この後、リップラインのを、お気に入りの口紅で塗りつぶしましょう

50代にオススメ!老け顔を防ぐ!口紅の塗り方

年齢とともに、お肌はくすんできます

そこで、老けて見えないような口紅の塗り方を紹介します。

口紅を塗る時は、保湿定着を意識し、次のようにしてみて下さい。

ポイント

・塗る前に、化粧水、乳液、クリームなどで保湿する

・余分な油分はティッシュオフする

リップライナーで全体を軽く塗りつぶす

リップブラシを寝かせて塗っていく

・唇に軽くティッシュをあて、余分な口紅をティッシュに吸収させる

・色を定着させるために、再度リップブラシで塗る

リップライナーと、リップブラシを使うのがポイントなんですね。

ちょっとひと手間かかりますが、適当に塗った時より10倍キレイに仕上がりますよ。

口紅を引き立たせるちょっとしたコツ

それは、アイメイクとのバランスを考えて、色選びをすることです。

『イエローベース』『ブルーベース』と合わせて考えるといいですね。

例えば、アイメイク『イエローベース』の色を使ったら、リップ『イエローベース』で仕上げましょう。

このように、ベースカラーを同じにそろえると、メイクがまとまります。

口紅を長持ちさせる方法

「口紅が落ちない簡単な塗り方ってあるんですか?」

と、よくご質問を受けます。

はい、あります!カンタンですよ。

口紅を塗る前に、リップベースを塗るといいんです。

口紅の持ちを良くする3つのポイント

リップクリームで保湿
リップペンシルで仕込む
口紅を2度塗りする

保湿効果が口紅の下地で唇を滑らかにして、口紅がしっかりつくので色落ちしにくくなるんですね。

口紅のブラシを使って唇の縦ジワに沿って塗るように縦向きに塗ります。

この方法で、口紅の色が長持ちしますよ

また、口紅を一度塗った後、ティッシュで軽く押さえることで余分な油分を拭き取ることができます。

すると、口紅がより密着しやすくなるので、お試し下さい。

落ちない口紅もありますが、本当に落ちないものってありませんね。

それに、落ちない口紅は唇が荒れやすいというデメリットもあります。

また、別の発想としては、口紅の上から塗る口紅コート』もあります。

どうしてもすぐに落ちてしまう方は、便利な「口紅コート」を持っておくことをお勧めします。

きれいな唇を保つケア方法

唇はとても敏感な部分のため、ちゃんとケアしないと老化してしまいます。

つまり、縦じわが増えたり、しぶい色味になったりするんですね。

老化の原因は、乾燥と紫外線によるダメージです。

冬場は特に、皮むけしたり、ガサガサになりやすいですよね。

それだけ他の部分よりも痛みやすいんです。

夏は、紫外線が気になりますよね。

の表面は粘膜なので、紫外線を防ぐことができない部分です。

とても敏感なパーツなので、エイジングケアが必要です。

そのため、外出前に保湿をしっかりと行い、日焼け止め用リップクリームを塗りましょう。

リップメイク落としはこうする!

メイク落としは、コットンにたっぷり浸した、ポイントメイク落としでオフしましょう。

おすすめのポイントメイク落としはこちら。

コスパもよく、涙に近い成分で作られているので、目にしみにくいですよ。

もちろん、口紅を落とす時にも、大活躍!

まとめ

いかがでしたか?

同じリップでも塗り方を変えるだけで印象が違います。

塗り方の種類はこの4つ。

1、ぽんぽん指で塗る

2、グラデーションリップ

3、直接、口紅で塗る

4、オーバーリップ

また、40代からはリップの塗り方に一手間加えることで、若々しく見え、持ちが良くなります。

老けて見えないような、リップを塗る時の6つのポイントはこちら↓

・塗る前に、化粧水、乳液、クリームなどで保湿する

・余分な油分はティッシュオフする

リップライナーで輪郭を縁取り、全体を軽く塗りつぶす

リップブラシを縦じわに合わせて塗っていく

・唇に軽くティッシュをあて、余分な口紅をティッシュに吸収させる

・色を定着させるために、再度リップブラシで塗る

見せ方に合わせて、リップの塗り方を変えれれば上級者!

そして、老けて見えないような工夫も大事ですよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-口紅リップ

Copyright© にいののぞみブログ , 2019 All Rights Reserved.