初心者からのセルフジェルネイルのやり方基本

ビーチネイルのやり方|海のさざ波をジェルで簡単に自分でアートができるコツ

夏ネイルで最近人気の波打ち際(さざ波)ネイル。

ビーチネイルはフットネイルにも人気のアートです。

実は筆を使ってグラデーションを作るだけの簡単ネイルアート。

やってみると、夏のネイルデザインが意外に簡単にできちゃうので、是非試してみてはいかがでしょうか?

ネイリスト歴13年のネイリストが、初心者でもできるやり方のコツを教えちゃいます。

スポンサーリンク

ビーチ(さざ波)ネイルのやり方をジェルを使って解説

ビーチ(さざ波)ネイルのやり方をジェルを使って解説

では、ビーチネイルのやり方を解説していきます。

ネイルチップに、アートの部分だけ絞ってやっていくので、実際に自分の爪にする時は、ネイルケアやベースジェルの後からの行程になります。

セルフネイラーさんはこちらのグッズもおすすめ↓

セルフネイル初心者でも100均アイテムでジェルネイルを簡単キレイに楽しめる裏技
セルフネイル初心者でも100均アイテムでジェルネイルを簡単キレイに楽しめる裏技

セルフネイル初心者でも、100均アイテムでジェルネイルを劇的に簡単キレイに楽しめる、ネイリストおすすめのグッズを使った裏技を教えます。

続きを見る

ビーチ(さざ波)ネイルのやり方をジェルを使って解説

まず、ブルーとグリーンのカラージェルにクリアジェルを混ぜて、透明感のあるカラーを作ります。

そしてビーチの砂浜に見立てた、純銀ラメとピンクゴールドラメ(もしくはゴールドラメ)を合わせたものにクリアジェルを混ぜます。

あまりクリアジェルが多すぎると、ラメを塗った時に表面がゴツゴツしてしまうので、固めに混ぜるのがコツです。

ビーチ(さざ波)ネイルのやり方をジェルを使って解説

根元からラメのグラデーションを作っていきます。

ビーチ(さざ波)ネイルのやり方をジェルを使って解説

2回に分けて綺麗なグラデーションを作りましょう。

ジェルネイルのラメグラデーションのやり方|プロが教える6つのコツ

ジェルネイルで爪先からの『ラメのグラデーション』やり方とコツを初心者でも分かるようにまとめました。プロは、どんな筆を使って、どういう風に動かしているのかなど、ポイント6つを細かくお伝えしています。

続きを見る

ビーチ(さざ波)ネイルのやり方をジェルを使って解説

ラメのグラデーションをジェル専用ライトで硬化したら、先ほど作った透明感のあるグリーンのカラージェルを爪の半分くらいから曲線があるように塗り、硬化します。

ビーチ(さざ波)ネイルのやり方をジェルを使って解説

今度は、ブルーのカラージェルを先端の方に塗ります。

こちらも波のような曲線を意識して塗り硬化します。

ビーチ(さざ波)ネイルのやり方をジェルを使って解説

そうすると、このような2段に海の層ができます。

ビーチ(さざ波)ネイルのやり方をジェルを使って解説

筆の先が斜めにカットされているフレンチ用筆(もしくはアンギュラー)に、白のカラージェルを少し付けます。

ジェルを付けるのは、筆の3分の1程度にしましょう。

ビーチ(さざ波)ネイルのやり方をジェルを使って解説

先ほど塗ったグリーンのカラージェルの境目を、なぞります。

少し上下に動かしながら、横にだんだんとずらしていく感じです。

ビーチ(さざ波)ネイルのやり方をジェルを使って解説

ブルーの段も同じようにやり、硬化します。

ビーチ(さざ波)ネイルのやり方をジェルを使って解説

文字シールや、海のネイルパーツをクリアジェルでバランスよく付けます。

ビーチ(さざ波)ネイルのやり方をジェルを使って解説

トップジェルで丁寧にパーツが飛び出ないようにしっかり埋め込みます。

ビーチ(さざ波)ネイルのやり方をジェルを使って解説

完全に硬化して完成です。

※硬化時間はメーカーによって異なるので、きちんと確認して使用しましょう。

ビーチ(さざ波)ネイルと合わせたい!海ネイルのやり方動画

プールや海の表面を表現した「水面ネイル」、夏定番ネイルアートです。

別の呼び方では「ラグーンネイル」、アートのやり方から「ドロップネイル」とも言います。

さざ波ネイルと合わせてみたらもっと可愛くなるので、この夏是非やってみてね!

Youtubeチャンネルはこちら

-初心者からのセルフジェルネイルのやり方基本

© 2020 にいののぞみブログ