初心者からのセルフジェルネイルのやり方基本

ジェルネイルで「チューリップ」の書き方|おすすめ春アートのまとめ

チューリップの花言葉は、に関係のある言葉が多いです。

例えば赤いチューリップは「の告白」「真実の」、 ピンク色は「の芽生え」「誠実な」なのでブライダルネイルにも!

デザインの雰囲気に合わせて大きく書いたり、小さく書いてボタニカルに、といったバリエーションもあります。

チューリップの絵を書くコツは筆を立てて、習字の「とめ」「はらい」の要領で書くことです。

ネイリスト歴12年のネイル講師が「チューリップ」を手書きするやり方と、おすすめの「春のネイルアート」を解説していきます。

セルフネイル初心者でも100均アイテムでジェルネイルを簡単キレイに楽しめる裏技
セルフネイル初心者でも100均アイテムでジェルネイルを簡単キレイに楽しめる裏技

セルフネイル初心者でも、100均アイテムでジェルネイルを劇的に簡単キレイに楽しめる、ネイリストおすすめのグッズを使った裏技を教えます。

続きを見る

スポンサーリンク

チューリップの書き方

では早速、ジェルネイルで手書きの「チューリップ」のやり方を解説していきます。

チップにアートしています。

アート部分だけに絞って解説していますので、実際爪にアートをする時は、ケア・ベースジェルの後からの工程になります。

セルフジェルネイルで必要な道具や、基本的な塗り方、ジェルの種類などの基礎知識はこちらからご覧ください↓
セルフジェルネイルののやり方まとめ!店舗経営者が教えるコツ

まず、ベースとなるカラーを塗ります。

今回は、見やすいように白を塗りました。

色ムラが無いように、必要であれば2度塗りします。

アート筆に、ピンクベージュのカラージェルをとり、手前に引きながら筆を爪に置きます。

そのまま手前に引きながら、スッと筆を上ます。

もう一つ同じように、先ほど書いた花びらの上に書き足します。

このように、重ねて書くと、チューリップの形になります。

もう一つ、チューリップの花を書いていきます。

3つ花びらを重ねると、こんな形になります。

お好みで変えると良いでしょう。

ここで一旦専用ライトで硬化します。

硬化とは?

硬化とは、柔らかい物質が化学的な作用によって硬くなっていくことを言います。

ジェルには『光重合開始剤』と言うものが含まれていて、専用の光を当てることによって液体を固体に変化させます。

ライナーと言う細い筆を使って、茎を書きます。

花びらに使ったアート筆で葉っぱを書きます。

ジェルネイルでの葉っぱの書き方を詳しく解説した記事はこちら↓

花びらのような形を縦につなげて書くと、葉っぱに動きがでます。

少し暗めの色で、葉っぱに線を書き足します。

茎にも線を書き足して、陰影を付けます。

花びらのアウトラインを、暗めのカラーで囲みます。

花びらの下の方にも、線を書き足します。

筆を花びらの根元から先に向かって動かし、濃い目のピンクで色付けします。

こんな風に、花にグラデーションができます。

トップジェルで仕上げます。

ジェルネイルは、アートが傷つかないようにコーティングする役目と、ツヤを出すために、基本的には最後にトップジェルを塗って最終硬化します。
最終硬化時間は、メーカーによって異なり、時間が違うとツヤがでません。ですので、きちんと確かめて使用しましょう。

完成です!

おすすめ「春アート」の作り方

チューリップネイル以外の、春に人気のあるネイルアートを4つ紹介します。

・押し花風ネイル

・デニムネイル

・桜ネイル

・チークネイル

押し花風ネイル

https://youtu.be/MuHRrKs2JeI

押し花風ネイルの作り方動画はこちら

花びらの数を変えたり、色を変えて楽しめます。

デニムネイル

デニムネイルの作り方動画はこちら

ボーダーと合わせて爽やかなイメージに。

元気なレッドとニットネイルを合わせてガーリーに。

シックなカラーで大人のデニムネイル

桜ネイル

ぷっくり桜の作り方動画はこちら

桜を黒で縁取ると「和」の雰囲気に。

青空に映える桜と猫のシルエットが可愛い!

チークネイル

チークネイルの作り方動画はこちら

チークネイルの色を、あえてグレーにすることで大人の雰囲気に。

おすすめ「チューリップネイル」7つ

では、おすすめの「チューリップネイル」のデザインを7つご紹介いたします。

落ち着いたカラー

落ち着いたカラーの配色ならボタニカルでもガーリーになり過ぎない。

レッド

チューリップの花先をイメージした元気なデザイン。

拡大

チューリップを拡大して見てるかのような斬新さがいい!

リアル

親指姫の世界を思わせる、丁寧に描かれたリアルなチューリップ。

モノトーン

モノトーンでクラシカルに。

アウトライン

チューリップの輪郭だけのファブリックネイル。

デニムと

真っ赤なチューリップが締りのあるデザインに。

まとめ

春のネイルアートに欠かせない『チューリップ』

デザインの雰囲気に合わせて大きく書いたり、逆に小さく書いてボタニカルに、といったバリエーションもあります。

花びらの書き方と、葉っぱの書き方をマスターすればチューリップは簡単に書けますよ。

コツは筆を立てて、習字の「とめ」「はらい」の要領で書くことです。

チューリップの花言葉は、例えば赤は「愛の告白」「真実の愛」、 ピンク色の花言葉は「愛の芽生え」「誠実な愛」など愛に関係のある言葉が多いです。

ブライダルネイルにもいいかもしれませんね!

このブログで紹介している動画

 

Youtubeチャンネルはこちら

-初心者からのセルフジェルネイルのやり方基本

© 2020 にいののぞみブログ