結婚4ヶ月前から始める妊活の食事とファスティング

にいののぞみブログ

未分類

子供を諦めたくない!|着床がゴールではなく卵子を育てる事が大事

更新日:

子供を諦める、納得できるような理由を、なんでもいいから見つけようとしていませんか?

でも、ほんとは諦めたくないんですよね?

もうちょっと頑張って「体質改善」してみませんか?

体質改善して悪いことは何もありません。

体が健康になるんですから。

この先、二人で歩む人生を選んだとしても、元気で健康な毎日を過ごせるというのはいいことです。

体質改善ってどういうことをするのか?

本当に効果があるのか?

まとめてみましたので、参考になさってください。

こんな思いしてませんか?

妬みと分かっていても、若いご夫婦が、かわいい子供に囲まれ、おしゃれな生活をSNSにあげていると羨ましい

・パートナーに、「子供欲しいなら離婚して若い子と結婚して」と感情的に、つい言ってしまった…。

・子供がいる家庭の方にも、自分たちのことを「幸せそうだ」と思ってもらえるような夫婦で居続けたい…。

・「私たちは2人で過ごす」二人で話し合い、納得し、割り切ったと思っていたけど、時々辛くなる。

・友人の出産を心から喜べない

・子育ては大変だし、ママ友との付き合いも大変なのだろうと思うけど愚痴を聞かされると、腹がたつ

・自分たちは、「子供のいない人生を選んだんだ」と主張するのが虚しい気持ちになる。

・必死に頑張ってきたのに、キャリアを捨て切れなかった私が悪いの?

・私はタバコも吸ったことないのに、吸ってたあの子はなぜ、あっさり妊娠しちゃったんだろう…。

・もう、傷つきたくない

不妊治療を受けた経験のある人は、「人を妬む自分」のことが嫌になったり、頑張って「子供がいなくても幸せと」自分に言い聞かせても時々虚しくなったり、不甲斐ない自分を責めたり涙が止まらなくなるときは、みんなあります。

「なんで自分だけ?」と明るい未来を想像できなくなってしまいます。

それがストレスになり、卵巣がダイレクトに打撃を受けます

妊娠するには、質の良い卵子が絶対必要です。

『質の良い卵子』それは体質の問題で、「変えれない」と思っていませんか?

体質は、食べ物で変わります

私たちは、食物から栄養をもらい、血液になり、それが細胞となるのです。

『食べ物』が妊娠に繋がる栄養の話はこちらをご覧ください↓

諦める前に、自分のカラダの可能性を信じてみませんか?

体質改善を始めてみたら…

まず、自分の体が変わっていくことが実感できるでしょう。

子供を作ることだけに集中するのではなく、今お腹の中にいる卵子を育てるのです。

パートナーの精子と出会って、受精して生命体としてのスイッチが入り、『受精卵』として生まれますが、その前に赤ちゃんの元である「卵子」は、あなたの子供です

卵子を、すでに自分の子供だと思って育てることが体質改善するということに繋がります。

実際、その卵子が受精して着床して、生まれれば、あなたの子供です。

そうやって、卵子と過ごす時間を楽しんでいると、だんだん心が落ち着いてきます。

質の良い卵子ができるには、お母さんが精神的にリラックスしていることがもっとも重要なのです。

受精率も、綺麗な細胞分裂も、着床も、実は『質の良い卵子か?』ということで左右します。

キレイな質の良い卵子ができるということは、子宮環境、卵巣環境も良いということです。

つまり、着床しやすいカラダができてるということです。

卵子の元の『原始卵胞(げんしらんぽう)』についての話はこちら↓

体質改善すると、自分のカラダがこんなにも変わるのかと、驚かれると思います。

そうすると自然に、「私にもいつか、子供のいる未来が、本当にあるのかもしれない」と思うのです。

もう、私には子供のいる人生なんてない

から、『あるかもしれない』に変わると、景色が変わってきます。

妊娠したらできなくなるようなことを、今のうちにしておこうとか、パートナーと今のうちにしておいた方がいいことはなんだろう?と意識妊娠だけでなく子供がいる自分を想定して働き始めるのです。

そうすると、先ほどの暗い思いはだんだんなくなってきます。

今の自分にできること、今だから未来の自分の子供にしてあげれること」を考える時間は、とても幸せだと思いませんか?

自分の赤ちゃんが最初に眠るベット、それはあなたの子宮です。

その子宮をどのような状態にしてあげたいですか?

温かくて、ふかふかの、換気ができる、酸素がある、そしておいしい食事が出てくる、スイートルームを用意してあげたいですよね?

そんな赤ちゃんの部屋を用意できるのは、あなたです。

胎児の時から、あなたとのコミュニケーションは始まります。

『スイートルームを用意してくれてありがとう』から始まる赤ちゃんからの発信は、着床という形であなたに届くでしょう。

実際、何をやるのか?

不妊80%が「副腎」という臓器の疲れによるものです。

その腎』を疲れさせているのは、ストレスです。

そのほとんどが、不妊治療による疲れプレッシャーです。

まずは、不妊治療を一旦お休みしましょう

自分にプレッシャーをかけるのをやめましょう。

『妊娠しなきゃいけない』と思わせる環境から逃げましょう。

SNSを見ないで、自分らしい生き方をしましょう。

それが第一段階です。

次に、体の中細胞綺麗にしましょう

『生まれ持った体質』を改善するには、まずリセットする必要があります。

それができるのが、唯一『酵素ファスティング』です。

『細胞』や『腸』が綺麗にならない限り、その後に良い食事をしても、卵子に届きません

細胞や腸を綺麗にしたら、『良い栄養素』を体の中に入れていきましょう。

よく食べ、よく笑い、よく寝て、適度に運動をする。

ここから良い卵子育てるのです。

細胞や血液の浄化には120日、つまり4ヶ月かかります。

まずは、4ヶ月頑張ってみませんか?

ここまでやったら、もし子供を諦めることになったとしても、後悔はしませんよ。

-未分類

Copyright© にいののぞみブログ , 2018 All Rights Reserved.