妊活ファスティングとセルフジェルネイル

にいののぞみブログ

妊活ファスティング

【妊活】断食で妊娠できた!『酵素ファスティング』の正しいやり方

投稿日:2018年10月29日 更新日:

妊活にまず大事なのは、体の浄化

そのためには『酵素ファスティング』が効果的です。

酵素ファスティングは、固形物を食べない事で消化器官を休めることが目的です。

消化器官を休ませることで、細胞のリセット腸内環境を整えたり、体の中に溜まっている有害物質を排出したり、脂肪を糖に変える回路にスイッチを入れるといった、細胞レベルで体質が変わります。

そうすることで、血液などの体液が浄化され、卵子子宮に栄養が行き,妊娠しやすいカラダになります。

では、酵素ファスティングのやり方を説明します。

スポンサーリンク

酵素ファスティンングの3つの効果

1、体液の浄化ができる

卵子細胞なので当然体液によって運ばれてきた栄養素を受け取り、老廃物を排出しています。

しっかり栄養を受け取った卵子は受精も着床もしやすくなります。

そして受精した瞬間からお母さんの血液で成長していきます。

腸内環境が整うことで血液が綺麗になります。

なぜなら、血液は腸で作られているからです。

栄養たっぷりの血液で成長した受精卵が行き着く先は、きれいな体液で満たされた子宮です。

きれいな体液で赤ちゃんを迎え入れましょう。

2、血流が良くなる

体液が浄化されると、当然ですが血流も良くなります。

ドロドロの血液よりも、きれいなサラサラした血液の方が、流れが良いです。

血流が良いと、体の隅々まで栄養が届きます

もちろん、卵子や子宮にも届きます。

なかなか赤ちゃんができないということは、まず卵子に栄養が届いていない可能性が高いのです。

ファスティングで血流を良くしましょう。

3、副腎疲労の暖和ができる

あらゆるストレスに対してカラダを守ろうとするのが副腎の仕事です。

不妊の80%がこの副腎という臓器がが疲れている『副腎疲労』が原因だと言われています。

その副腎を疲れさせている原因は、体の中に有害物質があるために体の内側からストレスを受けているためです。

酵素ファスティンングをすることで、有害物質を体外に排出することができます。

詳しくはこちらの記事をご覧ください↓

スポンサーリンク

酵素ファスティングのやり方

酵素ファスティングは、この3つがセットです。

1、『準備期』

2、『酵素ファスティング期』

3、『回復食期』

ファスティングで重要なのは、ファスティング準備食、そしてファスティング回復食です。

特に、回復食で、消化に悪いものや、質の悪い油食品添加物を摂ってしまうと、3日間のファスティングが台無しです。。。

効果的な正しいやり方を守って『酵素ファスティング』に臨みましょう。

では、酵素ファスティングのやり方を『準備期』『酵素ファスティング期』『回復食期』の3つに分けて説明します。

準備期 2日間

『酵素ファスティング』を行う前の2日間は、体を慣れさせるための準備期間です。

ファスティング中、何も食べれないからといって、ファスティング直前に、お肉やファストフードなどでどか食いをしたり、コーヒーなどのカフェインアルコール食品添加物やトランス脂肪酸などの悪い油を摂っていると、この後の3日間のファスティングで頭痛が起こったり、空腹に耐えれないといった事があります。

なので、ファスティング前の2日間は、『ファスティング用アシスト食』以外は摂らない方が賢明です。

どうしてもお腹が空くようでしたら、フルーツやサラダを良く噛んで食べたり、お味噌汁など、食品添加物が入っていない、消化に良いものなら良いでしょう。

〈1日目〉水を1ℓ以上飲む

朝食 酵素ドリンク20〜30ml

昼食 アシスト食(味噌汁・フルーツ/サラダ)

夕食 アシスト食(味噌汁・フルーツ/サラダ)

〈2日目〉水を1ℓ以上飲む

朝食 酵素ドリンク20〜30ml

昼食 アシスト食(味噌汁・フルーツ/サラダ)

夕食 アシスト食(雑穀おかゆ

ファスティングに入る前日の夜は、軽めの食事「雑穀おかゆ」で20:00までに済ませ、体を慣らしましょう。

ファスティング入る1週間前からは、酵素を無駄使いしてしまう、高GI食品、食品添加物、肉、揚げ物、お菓子、チョコレート、ファーストフード、コーヒー、アルコールをできるだけ控える事が重要です。

酵素ファスティング期

酵素ファスティング期間中、口にするのは、専用の『酵素ファスティングドリンク』『水』のみです。

酵素ファスティングは、体調が優れない時や、生理時避けて行ってください。

※寒い時期は、ノンカフェインのハーブティーで体を温めるのはOKです。

〈3日間〉

酵素ドリンク(発酵飲料)350〜400ml➕水2ℓ以上

酵素栄養学では、『体温1度下がると、酵素の力50%以上低下する』と言われています。

ファスティング中は食べ物からの熱量がないので冷えやすいです。

体を温めて夜12時までには就寝し、7〜8時間は睡眠をとるように心がけてください。

※ファスティング期の長湯は控えてください

また、口が寂しいからと言って、ガムやアメを食べると台無しです。

下記のNG食品に気をつけてください。

〈NG〉
・コーヒーや紅茶などのカフェイン

・アルコール

・タバコ

・ガムやアメ

口にするのは、専用の『酵素ファスティングドリンク』『水』のみです。

復食期

酵素ファスティング後に、胃や腸に大きな負担をかけないための期間です。

〈1日目〉水を1ℓ以上飲む

朝食 酵素ドリンク60ml

昼食 アシスト食(雑穀おかゆ)➕酵素ドリンク60ml

夕食 アシスト食➕酵素ドリンク20ml

ここが大事です!

ファスティング後、1日目は、朝酵素ドリンク、お昼は「雑穀おかゆ」にして胃や腸を徐々に慣らしていきます。

〈2日目〉水を1ℓ以上飲む

朝食 酵素ドリンク60ml

昼食 アシスト食➕味噌汁➕酵素ドリンク60ml

夕食 アシスト食➕味噌汁➕フルーツ/サラダ

復食期2日目のお昼と夜は、お味噌汁をプラスして、食べる量を増やしていきましょう

準備食、復食期に水を1ℓ飲む理由


人間の体はほぼ水でできていて、成人女性の体内水分量は55%です。

大人1日の水分排出量は2.5ℓです。

呼気   0.5ℓ
汗    0.5ℓ
尿・便  1.5ℓ

大人1日の水分の摂取量は1.5ℓです。

食べ物   1ℓ
代謝   0.5ℓ

体外へ出ていく水分は2.5ℓに対して、摂取量は1.5ℓです。

1ℓ足りませんよね?

なので、水を1ℓ飲んだほうが良いのです。

1ℓ未満だと、水分量が少なくて毒素が排出できず、代謝が下がります

ファスティング中は、食事をしませんので、普段食事から摂ってる1ℓを補充するために、2ℓ以上飲む必要があるわけです。

酵素ファスティング(回復食期)後の食事

リセットされた体に、良い栄養素を入れていきましょう。

ここで気を緩めて、ファストフードや外食などを控え、ここから細胞に良い栄養を届ける事が大事です。

できるだけ、以下の食品を多く食べるように心がけることが効果的です。

酵素をたくさん含む、生のフルーツを積極的に摂りましょう。

生の野菜も酵素がたくさん含まれています。

サラダには亜麻仁オイルをかけて食べるのがオススメです。

ワカメ、もずく、昆布などの海藻類は、ヨード、カルシウム、マグネシウム、カリウム、ビタミンB群が豊富です。

大豆食品には、良質なタンパク質、食物繊維が豊富で、納豆や味噌の発酵食品を摂る事で善玉菌が増え腸内環境を整えます。

きのこには、食物繊維が豊富で、腸のお掃除をしてくれます。また、多糖体(免疫力を高める)も含んでいます。

ゴマやナッツには、オメガ3の脂肪酸を含み、細胞に栄養と酸素を届けてくれます

また、ビタミンE女性ホルモンのバランスを整えます。

青魚のDHAもオメガ3の脂肪酸で細胞に栄養と酸素を届けます。

そのほかにも、妊活に必要な亜鉛も多く含みます。

芋類は、食物繊維が多く腸内を綺麗にしてくれます。

また芋に含まれるビタミンCストレスを暖和卵巣を守ります

唐辛子は、ビタミンが豊富です。また体温の上昇に役立ち、酵素の働きを良くしてくれます

玄米や雑穀は食物繊維ミネラルが豊富で、血糖値の上昇を緩やかにするため、細胞の劣化を防ぎます

まとめ

酵素ファスティングは、固形物を食べない事で細胞のリセット腸内環境を整えたり、脂肪を糖に変える回路にスイッチを入れるといった、細胞レベルで体質が変わります。

その『リセットされた体』に良い栄養素を入れる事が最も重要です。

空腹を心配されますが、準備期に体を慣らしておくと、思ったほど空腹になりません。

また、酵素ドリンク(発酵飲料)で栄養は摂れていますから、糖分が足りなくて頭がぼーっとすることもありません。

ただ、『噛まない事』に耐えるだけです。

最初は心配かもしれませんが、2回目、3回目は要領をつかみ慣れてきます。

細胞をリセットできる唯一の方法酵素ファスティング』。

勇気を持って、やってみませんか?

※酵素ファスティングは必ず専門店でのカウンセリングが必要です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-妊活ファスティング

Copyright© にいののぞみブログ , 2019 All Rights Reserved.