結婚4ヶ月前から始める妊活の食事とファスティング

にいののぞみブログ

未分類

【不妊の原因】排卵について|実は胎児の頃に決まっている卵子の数

更新日:

卵子は毎月新しくつくられて排卵していると思っていませんか?

実は、卵子の元の原始卵胞(げんしらんぽう)は、生まれた時にはすでにつくり終えられているということです。

精子は新たにつくられていますが、卵子には限りがあるのです。

女性はストレスを受けると、卵子を守っている卵巣にダイレクトに影響を受け、卵子の質』に直結するのです。

その卵巣に保管されている卵子の元の「原始卵胞(げんしらんぽう」と排卵についてまとめてみました。

卵巣の働き

卵巣は、子宮の左右にあり、ウズラの卵くらいの大きさです。

卵巣には、卵子の元になる原始卵胞(げんしらんぽう)が数百万個あります。

卵巣のはたらきは、原始卵胞を成長させ、卵子を排卵させることと女性ホルモンを分泌することです。

卵巣は、2つあるので、片方を失っても、残った方がしっかりはたらいていれば、赤ちゃんを産むことができるし、ホルモンバランスを保つこともできます。

実は、その原始卵胞(げんしらんぽう)は、私たちがお腹にいる時、つまり胎児の時に決まります

排卵のしくみ

卵子は、2つの卵巣の中で卵胞に包まれた状態で蓄えられています。

卵巣で眠っている卵子は「原始卵胞」と呼ばれ、目には見えないほど小さなものです。

その原始卵胞は生理周期とは無関係に起きてきて、若いときは1日平均30~40個、月に1000個ほどが育ち始めます。

卵巣の中で、卵胞刺激ホルモンの影響を受けて、成長した元気な卵胞を、より成長させ成熟した卵胞に育てます。

ほとんどはすぐに消えてしまいますが、ごく一部が数カ月かけて18~20mmほどの目に見える大きさになります。

1度に20個くらいの原始卵胞が成長を始めますが、もっとも大きい卵胞から、たった1つだけが卵子として成熟し、月1回の周期で卵巣の壁を破って外に飛び出します

これが「排卵」です。

残りの卵胞は消滅してしまいます。

排卵後

排卵する卵子が決まると、他の卵子はすべて消えてしまいます。

排卵されなかった卵巣内に残された成熟卵胞は、その後、老廃物として体内へ吸収され、排泄されます。

そしてまた、新しい原始卵胞が成長を始めています。

生理の周期にあわせて、約1ヶ月ごとに左右の卵巣から交互に排卵は行われ、排卵したら、卵子は卵管采へ吸い寄せられ、卵管を通り子宮へと運ばれます。

その卵管を通る途中で精子と出会い、卵子が精子とタイミングよく結びつけば『受精卵』となります。

一度の射精で放出される精子2~3億個。

でも、その99%は子宮に到達する前に死滅し、卵子の目前までたどり着ける精子はおよそ数十~数百個と言われています。

精子3~4日の寿命がありますが、卵子は排卵後24時間しか寿命がありません。

しかも特に受精しやすいのは、排卵後6~8時間です。

なので、排卵日の2日前にセックスをした方が受精しやすいと言われています。

卵管で精子が卵子を待ち構える、ということです。

つまり、不妊治療の最初の段階で多い「タイミング方」はこういう原理です。

タイミング法
検査結果をもとに医師が排卵日を推測し、妊娠しやすい日について指導を受けながらその前後に性行為をすることをタイミング法と言います。
保険が適用されるので、1回数千円程度で済みます。

年齢とともに卵子の数が減っていますから、卵巣で毎月目覚める卵子も少なくなり、最後の段階まで生き残る卵子もわずかとなってしまいます。

この現象が、年齢とともに妊娠しにくくなる原因の一つでもあります。

生まれる前にはもう卵子の数は決まってる

卵子は、女性が胎児のときにすでに作られます

妊娠20週までに卵子は急激に増えて700万個になります。

でもその700万個もあった卵子は、胎児のうちに消えてしまい、生まれてくる時にはもう約200万個まで減少しているのです。

出生後も卵子の数は減っていき、思春期には20万~30万個になり、生理が終わる閉経時にはゼロに近づきます。

卵子は新しく作られることはないので、年齢とともに減少するばかりで増加することはありません

ちょっとピンと来ないと思うので、貯金に例えてみましょう。

胎児の時は、卵子通帳に700万ありました。
オギャーと生まれた200万になってました。

若い頃は毎月1000ずつ引き落とされ、
思春期ごろには、20〜30万まで減っていました。

年齢と共に引き落とし額は減って、毎月300程度の減額になりますが、

閉経するころには、残高が0になっている計算です。

みるみる減っていくんです

年齢とともに、目覚める卵子の数が減ってきますから、より大切育てなければいけませんね。

卵子の老化を防ぐ

原始卵胞の年齢は、実年齢+1歳なので、

20歳の原始卵胞の年齢は、21歳。
40歳の原始卵胞の年齢は、41歳。

男性の精子は、その都度新しく作られるのに対して、女性の卵子は、歳をとっていくのです。

だから、女性は若さへの嫉妬心などがあるのかもしれませんね。

原始卵胞(げんしらんぽう)は、酸素栄養を投与されながら、排卵する日を待ち続けています

この卵が劣化しないようにしているのが細胞内のミトコンドリアです。

ミトコンドリアは、生命エネルギーの源のようなものなのですが、このミトコンドリアが年を取り、働きが悪くなるために、卵子の質が落ちてしまいます

良い脂肪酸(亜麻仁オイルなどのオメガ3)が不足すると細胞膜もろくなります

悪い脂肪酸(ファストフードやマーガリンなどで使われるトランス脂肪酸)をとっている人細胞膜劣化します。

細胞膜が劣化したり、もろくなると、細胞内がドロドロ(細胞便秘ミトコンドリアの働きがもっと悪くなります。

そうすると、卵子の質をもっと悪化させてしまうのです。

なので、外食を減らし、自炊で『良いオイル』を摂ることが妊活には重要です。

※妊活に良い油とは?の詳しい記事はこちら

そして細胞内がドロドロ(細胞便秘改善し、ミトコンドリア活性化できるのは、唯一「酵素ファスティング」だけなのです。

まとめ

卵子には、限りがあります

残された卵子の質高めることが妊娠率アップに繋がります。

卵子の劣化を防いでいる、『ミトコンドリア』をちゃんと働かせるためには、細胞を綺麗にし、細胞内でミトコンドリアが働ける環境を作りましょう。

そのためには、唯一『酵素ファスティング』しかなく、ファスティング後は、良いオイル(亜麻仁オイル)を積極的に摂り、悪いオイル(トランス脂肪酸や酸化した油)の摂取を控えましょう。

【妊活】断食で妊娠できた!『酵素ファスティング』の正しいやり方

妊活にまず大事なのは、体の浄化。 そのためには『酵素ファスティング』が効果的です。 酵素ファスティングは『準備期』『酵素ファスティング期』『復食期』の3つがセットです。 ファスティングで重要なのは、フ ...

続きを見る

-未分類

Copyright© にいののぞみブログ , 2018 All Rights Reserved.