妊活ファスティングとセルフジェルネイル

にいののぞみブログ

ジェルネイル

ジェルネイルのフレンチ種類|斜め・丸・ストレートフレンチのやり方

投稿日:2019年4月20日 更新日:

ネイルアートの「フレンチネイル」が進化した、変形フレンチと言うデザインがあります。

通常のフレンチネイルは、イエローライン(白爪の境目のことです)に沿ったアーチ状に爪先だけに色をつけた、王道の人気のデザインです。

これが進化して、爪先に色を付ける部分が、丸だったり、斜めにだったり、真横だったりするアートを、「変形フレンチ」と言います。

実は、通常のフレンチネイルよりも、簡単なのです♪

今回は、この変形フレンチの中でも定番の、この3つの「変形フレンチ」のやり方を解説します。

・斜めフレンチ

・丸フレンチ(バルーンフレンチとも言います)

・横フレンチ(ストレートフレンチとも言います)

私はネイルサロンを12年やっててネイリストを育成するスクールもやってます。

今までのサロンワークやスタッフ育成で培ったノウハウを生かして、これからセルフで「ジェルネイル」を楽しみたい方の為に、分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ジェルネイルでアートする前の下準備

今回は、変形フレンチの手順をメインに書いているので、ジェルネイルを塗る前のケア、ベースジェルとトップジェルの塗り方は割愛します。

ご覧になりたい方は、こちらからどうぞ。

スポンサーリンク

斜めフレンチ

斜めフレンチとは?

そのまんまですねw

斜めにラインを取ったフレンチネイルです。

エレガントなイメージで、大人っぽいデザインが好きな方にオススメです。

斜めフレンチのやり方

筆は、斜めにカットされたフレンチ用の筆を使います。

または、アンギュラー筆とも言います。

根元側から斜めにラインをとります。

筆の先の尖った方を、写真のように筆を立てて爪に乗せます。

そのまま、手前に引いてきます。

指先を下に向けてやると、ラインが良く見えるので、筆を動かす方向へ持って行きやすいです。

筆を、今度は平たい面が爪に当たるように持ってラインを修正します。

ここで、一旦硬化させます。(LEDライトで20秒、UVライトで2分)

硬化とは、柔らかい物質が化学的な作用によって硬くなっていくことを言います。

ジェルには『光重合開始剤』と言うものが含まれていて、専用の光を当てることによって液体を固体に硬化させます。

2度塗り目は、爪に対して平たい面が当たるように筆を置き、カラージェルを押し出すようにして、ラインを整えます。

爪のサイドは、筆をたてて塗ると、ジェルが皮膚に当たりにくいです。

そして、親指で皮膚を少し押さえてあげることで、もっと塗りやすくなります。

色によっては、2度塗りしても色ムラがどうしてもでる時があります。

そうであれば、3度塗りしましょう。

無理して厚塗りするとカラージェルが固まらなかったり、ヨレたりしてしまいます。

硬化後、ラメラインを入れたり、ストーンを置いたりすると綺麗です。

バルーン(丸)フレンチ

バルーン(丸)フレンチとは?

バルーンフレンチ(丸フレンチとも言います)とは、バルーンみたいに丸いからwと言う意味です。

これもそのまんまですね。

この丸フレンチが、実は一番簡単です♪

そして、爪が短い人でも楽しめるネイルアートです。

根元が透明なので、爪が伸びてきても目立たず、簡単に可愛くできちゃうのが嬉しいデザイン。

バルーン(丸)フレンチのやり方

筆先が丸い、オーバル筆を使います。

そのまま、筆の丸みを生かして塗るだけです。

爪に対して、平たい面が平行になるように持ち、一旦爪に置いたら、まっすぐ爪先に向かって動かします。

これだけで、いいのです。

一旦硬化します。(LEDライトで20秒、UVライトで2分)

色が薄かったら、もう一度塗ります。

ラインを整える時は、ジェルの厚みを少し保ちながら、少し押し上げます

そして、爪先の方へ均します。

硬化後、ラインストーンやパーツを入れて可愛くできました。

横フレンチ(ストレートフレンチ)

横フレンチ(ストレートフレンチ)とは?

横フレンチ(ストレートフレンチとも言います)真横に、まっすぐラインを取ったフレンチネイルのことです。

スタイリッシュな印象で、大人っぽいイメージですね。

横フレンチ(ストレートフレンチ)のやり方

今回フレンチ用の斜めにカットされた筆を使いましたが、平筆でもいいです。

筆先が丸いものよりも、まっすぐなものを選んだ方がやりやすいです。

ネイリストは、こう言うマスキングシールを使います。

このシールは柔軟性があるので、ピタッと爪に貼れるから便利なのです。

隙間がないように、真横にピタッとシールを貼ったら、カラージェルを塗ります。

硬化する前にシールを剥がします。

そして、一旦硬化します。(LEDライトで20秒、UVライトで2分)

もう一度塗ります。

ラインは、先ほどまっすぐ整えたので、ラインはいじらなくてもいいので、少し手前から色ムラがないように、カラージェルを塗ります。

硬化後、もしラインがいまいちだったら、このようにパーツやストーンを並べるとカモフラージュできます。

マスキングテープの代用品

もしマスキングシールがなければ、セロハンテープでも構いません。

ただ、柔軟性がないので、爪に凹凸がある人や、丸みが強め人は、隙間ができやすいので注意しましょう。

根元側は、隙間があっても問題ないですが、フレンチラインの部分には、隙間がないようにしっかりテープを貼りましょう。

失敗した時は。。。

もしラインが綺麗にできなくても、ラメを散りばめるとカモフラージュできます。

こんな風に、ホログラムをお花っぽく置いても可愛いですよ。

ジェルネイルは、専用ライトで光に当てるまでは自由にホログラムやパーツを動かせるので、簡単にできちゃいます。

横フレンチのラインをランダムにするのも手です。

アートチックにしてしまえば、ラインが整わなくても、可愛くごまかせます

まとめ

「変形フレンチ」は、実は通常のフレンチネイルよりカンタン♪

可愛らしく見せたり、大人っぽく見せたり、かっこよく見せたり、いろんなバージョンを楽しめる上に、根元が透明なので、爪が伸びてきても目立たないので、ジェルネイルを長く楽しめます

是非やってみてください。

このブログで紹介している動画

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-ジェルネイル

Copyright© にいののぞみブログ , 2019 All Rights Reserved.