初心者からのセルフジェルネイルのやり方基本

ジェルネイルがすぐ剥がれる|長持ちする甘皮処理のやり方とケア部位

 

ジェルネイルがすぐに剥がれてしまう。。。というお悩みの方へ!

長持ちする甘皮処理の正しいやり方と、処理する本当の場所はどこなのか?を、ネイリスト歴12年のネイル講師が解説していきます。

実はジェルを塗る前の甘皮処理のやり方が、セルフネイルで剥がれる理由の90%影響しています。

その理由甘皮処理のやり方ジェルを塗る前にやっておくべき事をまとめました。

スポンサーリンク

セルフでのジェルネイルが剥がれる理由

ジェルネイルがすぐに剥がれる理由

それは、甘皮処理する工程でルースキューティクル(甘皮)をちゃんと取っていないからです。

根元側・横側から浮いてくる人は、それが原因です。

ルースキューティクル(甘皮)が残っていると、そこから空気が入りやすくジェルが浮いてきます。

また、ジェルを塗る際にも、そのルースキューティクルを伝って皮膚に流れていってしまいます。

このルースキューティクル綺麗に処理されてさえいれば、万が一ジェルがはみ出しても、ウッドスティク(木の棒や爪楊枝など)ではみ出しの処置ができるのです。

『ジェルが皮膚にはみ出す』という失敗が原因での、ジェルの持ちの悪さはなくなります。

なので、この『ルースキューティクル(甘皮)の処理』というのは大事な作業なのです。

甘皮とは?

ジェルネイルをする際に、処理しなければいけないものは、ルースキューティクルと言って、爪が指側の根元から伸びてくるときに、爪に貼り付いて一緒に出てくる薄い皮(角質)のことです。

この薄い皮(角質)さえ取れば良いのです。

超初心者でもできる簡単セラミックプッシャーでの「甘皮処理」の動画はこちら

甘皮処理の手順

キューティクルリムーバーを塗る

ルースキューティクル(甘皮)を処理しやすくするための、キューティクルリムーバーを塗ります。

爪をウエットな状態にする

メタルプッシャーにをつけて、爪をウエットな状態にします。

※ルースキューティクルは水で柔らかくなるので、処理しやすくなります。

メタルプッシャーでルースキューティクルを爪から剥がす

この赤いライン上の、白くなってる部分を爪から剥いでいきます。

爪に対して、約45°傾けてメタルプッシャーを当てます。

この時に、爪から浮いた状態でメタルプッシャーを当てると、キューティクル(写真D)を傷つけてしまいますし、痛みを感じることがあります。

しっかり爪に密着させて動かします。

処理するのは、ルースキューティクル(写真E)です。

剥がしたルースキューティクルをガーゼで拭き取る

メタルプッシャーで剥がしたルースキューティクルを、ガーゼで拭き取ります。

キューティクルニッパーで余分な角質を除去する

残ってしまったルースキューティクルを、ニッパーで取ります。

ニッパーを爪に当てる角度に注意しましょう。

ささくれも綺麗に取る

ささくれを取るだけで、爪が綺麗に見えます

綺麗に甘皮処理ができても、ささくれがバサバサッとあると、見た目が良くありません。

ささくれは、できてしまったらカットするしかないので、綺麗に除去しましょう。

メタルプッシャーの持ち方

鉛筆を持つような持ち方だと、余計な力が入ってしまい、爪を傷つけてしまいます。

人差し指を離して持つことで、余計な力をかけることなく作業ができます。

小指をどこかに当てて、支えにします。

そうすることで、手のブレがなくなり、メタルプッシャーを安定して動かすことができます。

メタルプッシャーの当て方

メタルプッシャーの先を絶対に浮かさないように爪に添わせて動かします。

浮かせてしまうと、キューティクを傷つけてしまいますし、ルースキューティクルも綺麗に取れません。

キューティクルニッパーの使い方

刃先が下になるように、下から包むように持ちます。

ニッパーを握ると切れます。

刃先が皮膚に刺さるような角度だと、皮膚を切ってしまいます。

刃先が皮膚に刺さらないような角度でニッパーを当てると、皮膚を切ることはありません。

刃の面で切るようなイメージでニッパーを当てます。

絶対に、爪や皮膚に対して刃先を立てないようにしましょう。

甘皮処理の動画

プッシャーやニッパーの動かし方や、注意点をまとめた動画です。

参考になさってください。

Youtubeチャンネルはこちら

-初心者からのセルフジェルネイルのやり方基本

© 2020 にいののぞみブログ