初心者からのセルフジェルネイルのやり方基本

浴衣ネイル「和風お花・牡丹」の書き方|手描き花アートのコツ

【ジェルネイル】夏の浴衣に似合う手描きアート「和風お花」の書き方

和風ネイルってちょっと難しくてチャレンジしにくいと思っていませんか?

和柄は難しいですが、いつものフレンチネイルやグラデーションに、ポイントで和風の花を書くだけで、簡単に浴衣ネイルや着物ネイルに変えることができます

和風ネイルに簡単に見せるコツや、浴衣に似合う「牡丹」の花の書き方を、ネイリスト歴12年のネイル講師が解説していきます。

セルフネイル初心者でも100均アイテムでジェルネイルを簡単キレイに楽しめる裏技
セルフネイル初心者でも100均アイテムでジェルネイルを簡単キレイに楽しめる裏技

セルフネイル初心者でも、100均アイテムでジェルネイルを劇的に簡単キレイに楽しめる、ネイリストおすすめのグッズを使った裏技を教えます。

続きを見る

スポンサーリンク

和風ネイル「大柄花」の書き方

ジェルネイルでの和風お花の書き方1

黒などで花びらを縁取ったお花アートは、和風デザインと相性が良いです。

そのやり方を解説します。

土台を作ります

ジェルネイルでの和風お花の書き方2

チップにアートしてますが、実際に施す場合は、プレパレーション(ファイリング・甘皮処理・サンディング)をして、爪表面の消毒後、クリアジェルを塗った後からの行程になります。

お花が映える、ベースとなるカラーを塗ります。

今回の動画では、アートが見えやすいパープル(More 506 )を使いました。

花弁を書く

ジェルネイルでの和風お花の書き方3

ちょっと太めのアート筆を使います。

先が尖っていて、根元側にボリュームのある筆です。

これも、習字『とめ・払い』の要領で描きます。

中心の方に向かって筆を引きながら、筆をネイルにグッと押し付けます。

そのまま中心に向かいながら、スーッと筆を離します。

ジェルネイルでの和風お花の書き方4

太めの筆で描くことで、筋が入って花脈っぽく見えてリアルなお花になります。

ライトに当てるまでは、修正可能なので、何度かなぞってみてください。

万が一、気に入らない花びらの形になっても、ジェル専用ライトで照射する前であれば、一旦ペーパーなどで拭き取って、また描き直すことができるので、失敗しても大丈夫です。

大胆に描いてみましょう。

ジェルネイルでの和風お花の書き方5

バランス良く、5枚の花弁を描きます。

中心さえ揃っていれば、花弁の大きさは気にすることはありません

逆に、揃っていない方が、お花に動きがあり格好良く見えます。

黒で花脈のラインを足す

ジェルネイルでの和風お花の書き方6

中心から外側に向かってラインを描きます。

スッと軽く払う感じで勢いよく描きましょう。

丸みを持たせて3本描くとバランスがとれます。

花びら5枚分書いたら、一度LEDライトで硬化します(10秒)

ポイント

ジェルは流れる特性があります。せっかく繊細に描いたラインがぼやけないように、一旦仮止めして次のアートに移る方が失敗が少ないです。

ジェルネイルでの和風お花の書き方7

今度は外側から中心に向けてラインを描き足します。

シャープに見せるために、先端の尖った部分を潰さないように注意して描きましょう。

お花の中心に点を足す

ジェルネイルでの和風お花の書き方8

ドット棒を使って中心に点を描きます。

点々の大きさがバラバラな方が、動きがでて魅力的な花ができます。

和風大柄花ネイルの書き方動画

お花の書き方は2分04秒〜

シックな大人の「浴衣ネイル」牡丹の花の書き方

浴衣ネイル

色合いをシックに抑えて水墨画風にすると、大人フラワーネイルに。

大人向け浴衣ネイルにピッタリです。

浴衣の生地風のベースを作る

浴衣ネイルのやり方

まず、ベースのメインカラーを塗り硬化します。

浴衣ネイル「縦縞模様」

ベースに使ったカラージェルとは別の、濃い目のカラージェルを縦にランダムに入れます

浴衣ネイルのやり方

そのカラーの両脇をぼかすように筆でなぞり、メインカラーに馴染ませ硬化します。

ふんわりとした縦縞模様(たてじまもよう)は、簡単に浴衣の生地を表すことができるのでオススメです。

牡丹の花を描く

ジェルネイルで牡丹を書くやり方

ボリュームのあるアート筆で、上から下に向かって、チョンチョンと花びらを2つ描きます。

その左右から内側に向かって、更に花びらを描き足します。

ジェルネイルで牡丹の花の書き方

下側の花びらは、習字「止め」の要領で上から抑えるように描きます。

浴衣ネイル「牡丹」

花柱を書き足したら、一度硬化します。

浴衣ネイルのやり方

濃い目の色で、柱頭を描きます。

葉っぱを書く

ネイルアート「牡丹」の書き方

シックな花柄ネイルにしたいので、葉っぱを水墨画のような薄いブラックで描きます。

黒とクリアジェルを混ぜて、クリア感のある黒色を作ります

習字の『とめ・払い』の要領で葉っぱを描きます。

筆で葉っぱを書くコツ

『とめ・払い』を同じ場所で少し上下にテンションかけるだけで、葉っぱができます。

ジェルネイルの葉っぱ(リーフ)の書き方|初心者でも分かるポイント

ジェルネイルでの基本アート『リーフ(葉っぱ)』を上手に書くコツを解説しています。 『葉っぱ』を上手に書くコツは「筆の動かし方」です。 初心者でも分かるように、基本的な葉っぱ(リーフ)の書き方と、葉っぱ ...

続きを見る

大人の浴衣ネイル

お好みの濃さで葉っぱを描き、硬化します。

細いラインを入れる

「牡丹の花」浴衣ネイルのやり方

今度は、黒のカラージェルでくっきりとしたラインを書くので、粘度の高いジェルがオススメです。

ライナー(細い筆)に少量のカラージェルを取り、多少かすれるくらいでいいので、花びらの輪郭を描いていきます。

ジェルネイル「細い線」の書き方のコツと「細いラメライン」の引き方

「極細のラインを書きたいのに、いつも太くなっちゃう。。。」と思っているあなた! 実は、使っている筆と筆の動かし方で細いラインを上手に書くことができます。 ジェルネイル「細い線」の書き方のコツと、くっき ...

続きを見る

浴衣ネイルのやり方「牡丹」

下側の花びらは、花柱よりも手前にあるように見せるために、山を書くようなイメージで花びらの内側にラインを描きます。

牡丹の花|和風ネイルのやり方

花柱の周りに、細かく点々を入れて花粉を表します。

葉っぱのアウトラインも入れて、硬化します。

牡丹の花の書き方

今度は白のカラージェルで、葉っぱにハイライトを入れます。

葉脈のように細い線を描いて、ジェル専用ライトで硬化します。

トップジェルで仕上げる

ネイルアート「牡丹の花」描き方

トップジェルを塗り、最終硬化します。

※硬化時間はメーカーによって異なり、きちんと決められた時間を照射しないとツヤが出ないことがあります。

トップジェルの塗り方!綺麗にハイポイントと艶を出す5つのポイント

トップジェルの塗り方のポイントは、 「ハイポイントが作れるか?」 「ツヤが綺麗に出るか?」 この2つだと思います。 トップジェルでハイポイントを作るコツと、艶が綺麗に出るやり方、おすすめのトップジェル ...

続きを見る

ノンワイプジェルの使い方|拭き取りが必要なトップジェルとの違いとは?

ノンワイプジェルの使い方「トップジェル・ノンワイプジェル」の違いは?ノンワイプジェルと未硬化ジェルの拭き取りが必要なトップジェル、それぞれの特徴とメリット・デメリットは?そしてプロはどんな風に使い分けるのかをまとめました。

続きを見る

牡丹の花の書き方

完成です。

和風テイストでアートをする場合の装飾は、ホログラムなど表面の凹凸がないものを選ぶと良いでしょう。

メイクでもそうですが、和装の時は比較的フラット(平面的)に仕上げます。

逆に洋装は、立体的なメイクの方が合うのです。

ポイント

成人式ネイルや浴衣ネイルなどの和風アートの場合は、フラットに仕上げるように意識すると綺麗にまとまります。

浴衣ネイル「牡丹」の描き方動画

Youtubeチャンネルはこちら

-初心者からのセルフジェルネイルのやり方基本

© 2020 にいののぞみブログ